家族葬の行い方について

最近は、親族や故人とごく親しい人達だけで「家族葬」を行うケースが増えてきています。
家族葬は小規模な葬式の総称です。


葬儀の従来の進行方法などを気にせずに、多くの弔問客への余計な気遣いも無いので、ゆったりと故人を見送ることができます。

また、規模が小さい分だけに費用を抑えることもできます。

色々なプランを用意する葬儀社も増えており、最近は大手の会社も参入しています。

家族葬の後に、故人の友人や知人、お世話になった方々を招いて「お別れの会」を開くこともあります。

お別れの会は、斎場や寺院の会館の他、最近はホテルなどで行うケースもあります。

会場には祭壇に遺影や献花を飾り、会食をしながら故人を偲び、思い出を語り、お別れをしてもらいます。家族葬という形式は浸透しつつあるものの、やはり故人の遺影に線香をあげたいという人達への配慮です。
お別れの会は、家族葬から49日以内には行うようにします。

この形式をさらに簡素にしたものが「直葬」という形式です。

この形式は、通夜、告別式等は一切省き火葬のみ行うやり方です。



費用は、遺体の搬送と火葬費用のみですので、安価に行うことができます。

すごく便利な産経ニュースをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

最近は故人の意思やそれぞれの家庭の事情で増えていますが、供養を全く行わない形式ですので、後に後悔しないように考慮することが肝要です。


墓をすでに持っていて納骨の際にお寺さんとトラブルにならないように、事情をよく説明して理解を求めることが大事です。