家族葬の服装のマナー

一般的な葬儀と異なる家族葬ですが、親しい間柄の参列者しかいないからといって服装を怠ってはいけません。

あなたのご要望に応じたエキサイトニュース情報は初心者にも分かりやすいです。

そもそも服にも場に求められた意味合いや時間帯によってレベルがあるのです。



葬儀においては喪服が正式な服装ですが、特に格調高い喪服のスタイルは和装やモーニング、イブニングだとされています。

次にディレクターズスーツやタキシードが「準礼装」と呼ばれており、その次は「略礼装」に分類されているブラックフォーマルなどの礼服です。
そして一般的に葬儀の場面でも着用されているイメージが強いスーツは最も低い立ち位置にあります。

とはいえ、ブラックスーツは基本的な葬儀の服装として許容されています。白いワイシャツにタイピン無しの黒のネクタイ、黒い靴下に黒いベルト、そして黒い革靴を身につければマナーを守っている装いとして完璧です。



しかし安価だと分かるスーツは葬儀のマナーに反します。


また喪主や相応の歳を重ねた社会人であれば社会的なマナーとしてスーツを着用したうえでの出席はおすすめできません。

付け加えるならスーツであれ礼服であれ、光沢を放たない黒地の服である事が絶対です。

葬儀では「光る生地のものは着用しない」という最低限のマナーがあります。それは家族葬であっても例外ではありません。

つまりまとめてしまうと、家族葬の服装のマナーは一般的な葬儀と変らないという事です。

男性は略式礼服に分類されるブラックスーツを身にまとい、黒のネクタイを締めます。
この時、ネクタイに窪みを作らないようにするのがポイントです。
そして先述したようにタイピンをはじめ、カフスといった装飾を避けるべきですが、これは女性に当てはまります。

女性の装飾は結婚指輪以外は避けるべきです。なお葬儀における女性の服装は露出度の低い黒地のワンピースやスーツ、そして黒の靴下やタイツを着用するスタイルが一般的です。