日本人女性の脱毛処理は、主に両わきや腕、脚などが中心です。

顔では鼻の下の産毛処理をよく行っています。
一方で、海外では脱毛事情がやや異なってきます。
アメリカではVIOのムダ毛処理が盛んに行われています。

VIOとは下腹部から性器、お尻の穴の周囲を指す言葉です。

部分的にはVライン、Iライン、Oラインと呼ばれ、その全てをハイジニーナといわれることが多くなっています。

新宿の脱毛の情報といえばココです。

ハイジニーナのムダ毛処理を気にするアメリカではあるものの、それら以外のムダ毛についてはあまり重要視していない傾向にあります。

日本人女性が気にする両わきのムダ毛処理を行わない人も少なくありません。



フランスの場合だと、脱毛するかしないかは個人の自由である傾向が強くあります。

あまり周囲と合わせることがなく、自分一人がムダ毛処理を全く行わなかったとしても、それほど気にしません。
一般的にフランスの女性は日本人女性と比べるとムダ毛が黒々としていない人が多く、目立ちにくいという特徴があるのもムダ毛処理を重要視しない理由の一つです。

むしろ、自然に生えているムダ毛があることを好む傾向があるほどです。

中東諸国の場合は、宗教の影響が強く、女性だけでなく男性も脱毛に気を使っています。


中東地域は気温が高く、乾燥しやすい気候ですので、毛にシラミがつきやすいことも、ムダ毛処理が欠かせない理由になっています。

有名なロケットニュース24に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

このように、その国や地域によって事情が異なるのが、脱毛のユニークなところです。